ペット可物件を知る・探す

家を買うおすすめのタイミングは?購入前に考えることやポイントも解説

男女の手に包まれた家のオブジェ

家は「人生で最も高い買い物」といわれ、購入のタイミングがとても難しいです。生活や経済状況は家庭によって異なり、購入に最適なタイミングは人によってさまざまです。

しかし、家の購入を検討している人の中には、「家を買うタイミングが分からない」「周りの人は何を基準に購入を決めているの?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、家を買うおすすめのタイミングや購入前に考えることを解説します。できるだけベストなタイミングで家を購入したい方は参考にしてください。

「ペット可一戸建て」を探すならこちらから検索
「ペット可新築・中古マンション」を探すならこちらから検索

【状況別】家を買うおすすめのタイミング

赤ちゃんに絵本の読み聞かせをする家族

家を買うおすすめのタイミングは、以下のとおりです。

  • ・結婚|将来を考えたとき
  • ・出産|子育てがしやすいか
  • ・子どもの進学|学習環境を意識
  • ・子どもの独立|老後を考えたとき

それぞれ解説します。

結婚|将来を考えたとき

結婚して夫婦生活を始めるときは、家の購入を考えるおすすめのタイミングです。「これから夫婦で一緒に暮らす」「将来は子どもが3人ほしい」など、将来のライフプランを考えたときに住み替えを考える人が多いです。

共働きであれば、家計が充実してローン返済に余裕が生まれやすくなります。夫婦になれば、ペアローンという形でローン返済も可能です。

ただし、将来的に夫婦のどちらかが転勤・転職したり、子どもが予定よりも増えたりする可能性も考慮しておきましょう。

出産|子育てがしやすいか

出産で家族が増えるタイミングに家の購入を考える人も多いです。住まいが手狭になったり、子育てしやすい環境を考えたりという理由で、住み替える人が多い傾向にあります。

マイホームであれば、子どもの泣き声や足音で周りに迷惑をかける心配がありません。また、将来子どもが通う学校や適切な教育環境を考えられるタイミングともいえます。

ただし、適切な教育環境や子ども部屋の間取りを十分に検討したうえで、家を購入する必要があるでしょう。

子どもの進学|学習環境を意識

子どもの進学のタイミングで家を買う人もいます。有名私立や遠くの学校に進学させたい場合に、子どもの進学に合わせて家を購入するケースが多いです。

また、転校による子どもの負担をなくすために、小学校や中学校の入学前に合わせて家を購入する人も少なくありません。

ただし、子どもの教育方針や自治体の子育て支援、地域の治安などを総合的に考える必要があります。通学の負担が増えないように配慮しましょう。

子どもの独立|老後を考えたとき

子どもが独立するタイミングで家の購入を考える人もいます。50代の家庭に多いケースです。

夫婦だけの生活になると、今までの住まいが手広く感じてしまうことがあります。また、年齢を重ねると、距離があるスーパーへの行き来や駅までの距離に負担を感じる人もいるでしょう。

老後を考えて家を買い替えれば、生活の利便性を上げられる可能性があります。

ただし、老後資金とローン返済のバランスには注意が必要です。月々の年金額と返済額がマイナスにならないように、老後資金に見合う計画を立てましょう。

「一戸建て」を探すならこちらから検索
「新築・中古マンション」を探すならこちらから検索

家を買う人が多い年齢や年収

家庭のお金のことについて話し合う夫婦

関連するデータを基に、家を購入した人を「年齢」と「年収」に分けて解説します。

年齢でみた場合

国土交通省の令和4年度調査から、初めて家を購入する人の年代と平均年齢は、以下のとおりです。
国土交通省「令和4年度 住宅市場動向調査報告書」

出典:国土交通省「令和4年度 住宅市場動向調査報告書

報告データによると、初めて家を買う人の多くが30代〜40代であることがわかります。

住宅購入では住宅ローンを組むのが一般的で、返済期間の最長は35年です。20歳以上60歳未満でなければローンは組めません。

返済期間が短いと月々の支払い金額が高くなるので、完済できる見込みがある年齢で、家計に負担がかからないようにローンを組む必要があるでしょう。

以上のような背景から、住宅ローンを組む人は経済的に余裕があり、完済までに不安の少ない30〜40代が多い結果となっています。

年収でみた場合

国土交通省の令和4年度調査から、家を購入する人の年収割合と平均世帯年収は、以下のとおりです。
国土交通省「令和4年度 住宅市場動向調査報告書」

出典:国土交通省「令和4年度 住宅市場動向調査報告書

報告データによると、家を買う年収は500万円後半〜700万円前半、平均世帯年収は801万円です。

家は高額な買い物なので、「頭金を出せる貯金が貯まったら」「昇給したら」と考える方が多い傾向にあります。住宅ローンを組む場合は数十年にわたり返済が続くので、できるだけ年収が安定したタイミングでの購入が安心です。

ただし、各家庭の状況や地域、職種などによって最適な年収は異なります。無理なローンを組まないように、現在と将来の収入を正しく見積もっておきましょう。

LIFULL HOME'S

失敗したくない!家を買う前に考えること

財布を持つ夫婦

家の購入で失敗しないために、家を買う前に考えるべきことは、以下の4つです。

  • ・予算を明確に
  • ・ローン返済の見通しがあるのか
  • ・長期的なライフプランを組む
  • ・家を買うタイミングか冷静に考える

それぞれ解説します。

予算を明確に

家を購入するときは、予算を明確にすることが大切です。

家の購入には、土地代や建物の金額、税金、家具、家電などのさまざまな費用がかかります。

合計金額は数千万円になることが多く、ローンを組む場合、月々の返済金額は賃貸の家賃と同等以上になる可能性が高いです。

ローンを組めたとしても、購入金額が予算を超えてしまうと日々の生活が圧迫されるかもしれません。

家の購入を失敗しないためには、予算と相談しながら計画を立てましょう。

ローン返済の見通しがあるのか

家を購入するときは、ローン返済の見通しがあるかを考えておきましょう。

住宅ローンは、数十年にわたり返済が必要になります。ローン返済の見通しを考えずにローンを組むと、支払いができなくなり借金を背負うかもしれません。

とくに、就職して間もない人や毎月の収入が安定しない人は注意が必要です。

ローンで家を購入するときは、長期的な資金計画を立てることをおすすめします。

長期的なライフプランを組む

家を購入するためには、長期的なライフプランを組みましょう。

家は購入してから何十年と住むことになります。年齢とともに生活状況が変わったり、不測の事態が起きたりしても対応できるようにするプランや対策が必要です。

「子どもの学校区を考えていなかった」「短期のローンを組んでしまい生活が苦しい」などの状況を防ぐために、長期目線で計画を立てましょう。

家を買うタイミングか冷静に考える

今の自分が家を買うタイミングにあるかを冷静に考えることも大切です。

「周りの人が買っている」「親に買うように言われた」などの理由は、適切とはいえません。無理なローンを組んでも毎月の支払いが負担となり、家の購入を後悔してしまうでしょう。

家は、ライフイベントで生活環境を大きく変えたいときや、収入が安定したときなどに購入することをおすすめします。家の購入を考えるときは、周りの意見や勢いではなく冷静な判断の元でおこないましょう。

「一戸建て」を探すならこちらから検索
「新築・中古マンション」を探すならこちらから検索

家を買う前に抑えておきたい4つのポイント

家を買う前に抑えておきたいポイント

家は、簡単に買い替えられないため、それぞれの特徴を事前にチェックしておくことが大切です。家を買う前に抑えておきたいポイントは、以下の4つです。

  • ・新築か中古
  • ・ 一戸建てかマンション
  • ・間取り
  • ・ペットが住めるかどうか

それぞれ解説します。

新築か中古

家を買ってから後悔しないために、あなたにとって「新築」か「中古」のどちらが合っているか、確認しましょう。

新築 中古
メリット ・新しい設備が備わっている
・当面の間、修繕の必要がない
・新築に比べて価格が安い
・物件を見学してから購入できる
デメリット ・中古より割高になることが多い ・修繕コストがかかる
・間取りを選べない

新築は、すべての設備が新しく、住み始めてから当面の間は修繕がいらないというメリットがあります。土地を所有している人や理想の間取りがある人が、新築を選択することが多いでしょう。ただし、新築は中古よりも割高になることが多く、大きな資金が必要になります。

一方で、中古は費用をおさえられ、物件を見学してから決められるので満足度が高いケースが多いです。修繕コストがかかることや、間取りを選べないというデメリットがあるので、購入前は入念なリサーチが大切になります。

一戸建てかマンション

一般的に、「より高い自由度」「広さ」を求める場合は一戸建てが適しているといえます。しかし、「便利な立地」「セキュリティ・管理体制」を求める場合はマンションの方が向いているでしょう。

一戸建てとマンションのメリット・デメリットは、下記のとおりです。

一戸建て マンション
メリット ・立地や間取りを決められる
・周辺の騒音が気にならない
・日当たりが確保できる
・セキュリティー面に優れている
・駅近の好立地が多い
・共用設備が充実している
デメリット ・建物の維持管理をしなければいけない
・修繕のためのリフォーム費用を用意しておかなければいけない
・制約が多い
・管理費などの支払が必要
・駐車場は確保できない可能性がある

一戸建ては、自由度が高いことが特徴です。とくに、新築戸建てなら、住みたい立地や好みの間取りを自由に決められることがメリットでしょう。また、家の周辺における騒音が気にならないことも魅力です。

一方マンションは、住み替えやすさやセキュリティー面が優れてます。また、通勤や通学のために、駅前のような利便性の高いエリアに住むことも可能です。ただし、間取りの自由度は低く、広い駐車場は確保できない可能性があります。

どちらが適しているかは、あなたの価値観によって大きく異なるため、家族としっかり話し合いながら決めましょう。

間取り

間取りは生活の満足度を左右するので、購入前に十分に検討することが必要です。

「子どもが多いので広いリビングがいい」「キッチンと洗面所は近くしたい」のように、家庭によって理想の間取りは違います。家族の状況を考慮して間取りを考えましょう。

また、長期的な目線も大切です。子ども部屋をたくさん作っても、老後は使わずに無駄になってしまうこともあるかもしれません。

現在と将来のバランスを考えて、どのような状況でも快適に暮らせるような間取りを考えましょう。

ペットが住めるかどうか

ペットが好きな人や既に飼っている人は、ペットが住めるかも重要です。

大切な家族の一員としてペットを飼う人も増えており、安心して一緒に生活できる物件が増えています。家を購入するときは、ペットの匂いや鳴き声、足音を考慮して選びましょう。

また、マンションのような集合住宅では、そもそもペット不可の物件も少なくありません。ペットを飼う方は、必ず事前のチェックが必要です。

ペットホームウェブなら、ペット飼育が可能な家を簡単に探せます。ペットを飼う家庭に嬉しい「庭付き戸建て」などの紹介も可能です。ペットも住める家の購入を検討している方は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

家を買うなら「ペットホームウェブ」

ペットホームウェブ

ペットホームウェブは、株式会社Passageが運営する物件紹介サービスです。

全国のペット可の売戸建やマンション、賃貸のみを紹介しております。会員機能や検索条件の保存機能を追加し、物件を探しやすい便利なサービスを実現しました。現在、ペットが飼える物件の紹介件数は80万件以上です。

物件を検索するときは、エリア・沿線だけでなく、飼いたいペットの種類からでも物件を探していただけます。

物件周辺の「動物病院」「トリミングサロン」「ペット可飲食店」など、ペットを飼う家庭に便利な施設情報も掲載中です。

「ペットと一緒に住めるマイホーム購入を考えており」「ペット可の物件を探すのが難しい」という方は、ペットホームウェブにお問い合わせください。

「ペット可一戸建て」を探すならこちらから検索
「ペット可新築・中古マンション」を探すならこちらから検索

まとめ

家族とマイホーム

家は「人生最大の買い物」といわれるほど高額なものです。家の購入を失敗しないためには、自分にとって購入が可能なタイミングを見極める必要があります。

家を購入する人には30代~40代、年収500万〜700万が多い傾向にあります。しかし、人によって家を買う最適なタイミングは違います。予算やライフプラン、家族構成、家を買う目的に合わせてしっかり計画を立てましょう。

家の購入を考えている方は、「ペットホームウェブ」にご相談ください。ペットホームウェブでは全国のペット可の売戸建やマンション、賃貸を紹介しており、80万件以上の紹介実績があります。

ペットのいるご家庭にとって、住みやすい物件を探すのは難しく手間がかかります。ペットホームウェブなら、ペット可の物件やペットを飼う家庭に便利な情報の紹介が可能です。

ペットも住める家の購入を考えている方は、ぜひペットホームウェブにご相談ください。

「一戸建て」を探すならこちらから検索
「新築・中古マンション」を探すならこちらから検索

男女の手に包まれた家のオブジェ
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします